1. 会社情報
  2. 製品紹介
  3. よくある質問Q∧A
  4. ユーザー登録フォーム
  5. 採用情報
  6. はぁと通信

滅菌器 日東産業株式会社

パナオート21EX 強制乾燥装置付全自動オートクレーブ

製造中止となっております。 修理を行っている製品もございますので日東産業までご確認をお願いいたします。

 

パナオート21EX 強制乾燥装置付全自動オートクレーブ

 

 

 

電源電圧:AC100V 50/60Hz 13.5A

本体寸法:W463×H377×D538mm

(ドアハンドル部含む)

チャンバー寸法:220Φ(内径)×320(有効奥行)mm

滅菌温度:121℃/132℃(選択式)

圧力計:0~0.4MPa

貯水タンク容量 :3L

安全装置:安全弁、過昇温度、防止装置、
ふた閉スイッチ、ヒューズ

質量:約29Kg

笑気吸入鎮静器 日東産業株式会社

パナックス PX-115

パナックス PX-115

使用ガス:酸素・笑気(亜酸化窒素)

導入ガス圧力:酸素・笑気 0.40±0.05MPa

流量計目盛範囲:酸素 

0~10.0 L/分 / 笑気 0~10.0 L/分

 

(実際の使用範囲は0〜8.0L/分 になります)

トータルガス流量調節範囲:0~16.0±1.0 L/分

酸素濃度設定範囲:50~100%

笑気濃度設定範囲:(0~50%)

混合ガス濃度精度:目盛値に対して±5%以内

ガス源連結部:酸素・笑気ともDISS形式コネクタ

酸素導入圧警報ホイッスル:導入酸素圧が0.25MPa以下に低下しときに作動

笑気遮断機構:

導入酸素の停止と同時に作動

 

 

(酸素供給圧0.42MPa時)

酸素フラッシュ流量:35~75 L/分
(酸素供給圧0.42MPa時)

寸法(加湿瓶含む):W136.5×D215×H398mm

質量(加湿瓶含む):約3.0kg


笑気吸入鎮静法とは

局所麻酔と全身麻酔の中間に位置するもので、意識を保った状態で、患者さんの不安感あるいは緊張を和らげ、痛みに対する知覚を鈍くし歯科治療を行うための方法です。


パナックスは、この笑気吸入鎮静法を行うための歯科医療器具で、酸素・笑気のトータル流量及び酸素(笑気)濃度を正確にコントロールして、その混合ガスを患者さんに吸入させることができます。

オプション

使用場所に適した架台が2種類から選択可能

ボンベタイプ

ボンベタイプ

酸素ボンベ(1500L)
笑気(500L)
を搭載することができます。

パイピングタイプ

パイピングタイプ

医療用ガス配管設備の酸素・笑気に接続する場合に使用します。

Page Top